ボーンブロスのヘルシー豆乳味噌汁レシピ

ヘルシー豆乳味噌汁

当記事では、ボーンブロスのヘルシー豆乳味噌汁レシピをご紹介します。

■調理時間:20分
■材料費:100円以下
■冷蔵保存可能日数:1日
■冷凍保存可能日数:×

ボーンブロスのヘルシー豆乳味噌汁レシピ

■材料(2人分):
・豆乳(無調整) 250ml
・ボーンブロス(鶏) 400ml
・にんじん 1cm分程度
・玉ねぎ 1/4個
・味噌 大さじ2

■準備:

■作り方:
①玉ねぎとにんじんを薄切りにします。玉ねぎは切ってすぐ水にさらしておきます。
②鍋のボーンブロスと玉ねぎ、にんじんを入れて中火で加熱します。
③沸騰させず、弱火~中火でにんじんに火が通るまで加熱し続けます。
④にんじんに火が通ったら豆乳を入れます。
⑤鍋に味噌を溶けば完成です。

■ポイント:
・豆乳は加熱し過ぎると分離し、味も食感も見た目も悪くなってしまうため、調理中は鍋の温度に気をつけてください。豆乳に含まれるたんぱく質は、およそ63℃から分離し始めます。また、急激な加熱も分離を促進させますので、弱火でできるだけゆっくりと温度を上げていきましょう。
・豆乳は塩分によっても分離する場合があるため、味噌は召し上がる直前に入れるようにしてください。
・どうしても豆乳が分離してしまうという場合は、無調整豆乳よりも大豆たんぱく質が少ない調整豆乳でお試しください。たんぱく質が少ない分固まりにくいため、無調整豆乳よりも仕上げがうまくいく確率が高まります。

■コメント:
豆乳を分離させないための注意やコツが必要なレシピですが、シンプルに大豆の旨みを味わえるヘルシーでありながら濃厚な一品です。もちろん、お好みの具材に変えてアレンジを楽しむこともできます。豆乳の甘みとボーンブロスの旨みのコラボレーションはまさに絶品。お子様からお年寄りまで幅広く楽しんでいただけます。

鍋を再加熱する際などは強火で加熱はせず、弱火でじっくり温めてください。豆乳を分離させさえしなければ、期限内で何度でも温め直せます。また、味噌ではなく塩で味つけし、仕上げに黒コショウや刻みパセリなどを振りかけると、洋風の豆乳スープにアレンジすることもできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です