ボーンブロスの豆苗煮びたしレシピ

ボーンブロスの豆苗煮びたし

当記事ではボーンブロスの豆苗煮びたしレシピをご紹介します。

■調理時間:15分
■材料費:300円以下
■冷蔵保存可能日数:3日
■冷凍保存可能日数:1ヶ月

ボーンブロスの豆苗煮びたしレシピ

■材料(2~4人分):
・豆苗 1パック
・ブナシメジ 1株
・油揚げ 1枚
・(A)ボーンブロス(鶏) 400ml
・(A)しょうゆ 大さじ1
・(A)酒 大さじ2
・(A)塩 1つまみ

■準備:
①油揚げは湯通しして余計な油を落とした後、水気を切っておきます。

■作り方:
①豆苗を食べやすい長さにカットします。
②ブナシメジも根本をカットして小房に分けておきます。
③湯通しした油揚げは縦半分に切り、短冊切りにしておきます。
④(A)を鍋に入れて沸かしたら、ブナシメジ、油揚げを入れてひと煮立ちさせます。
⑤コンロの火を止めて鍋の温度が下がったら豆苗を入れ、そのまま荒熱が取れるまで置いておきます。
⑥荒熱が取れたら保存容器などに移し、冷蔵庫で冷やして完成です。

■ポイント:
・④では鍋をしっかりと煮立たせて、酒のアルコール分を飛ばしてください。
・⑤では豆苗に火が通り過ぎないよう気をつけ、鍋の温度が下がってから入れてください。豆苗に火が通ってしまうとシャキッとした歯ごたえが失われてしまいます。また、このとき豆苗をそろえて鍋に入れておけば、美しく盛りつけることができます。

■コメント:
さっぱりとした豆苗の食感と油揚げのコク、そしてボーンブロスの旨みが見事に調和するレシピです。豆苗は栄養満点で家計にも優しいので、ぜひともご家庭の献立に取り入れたい食材の一つ。豆苗に含まれる豊富なビタミン類を壊すことなく摂取できるのがこのレシピの特徴です。また、油揚げもしっかり湯通しすればとてもヘルシーで、ダイエットレシピとしても重宝します。

もちろんほかの野菜を使ってアレンジすることもできます。水菜でさっぱりと仕上げるのもいいですし、茄子でこってりとした味わいに仕上げるのもまた違った楽しみがあります。旬の野菜を上手に使って、自分流のボーンブロス煮びたしを作ってみてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です