ボーンブロスの鶏ガラ茶碗蒸しレシピ

ボーンブロスを使った鶏ガラ茶碗蒸し

当記事では、ボーンブロスの鶏ガラ茶碗蒸しレシピをご紹介します。

■調理時間:40分
■材料費:100円程度
■冷蔵保存可能日数:2日
■冷凍保存可能日数:×

ボーンブロスの鶏ガラ茶碗蒸しレシピ

■材料(2人分):
・卵(Mサイズ) 2個
・ボーンブロス 200ml
・塩 2つまみ
・鶏もも肉 少々
・干ししいたけ 1個
・なると 2枚
・えび 1~2尾

■準備:
①生のエビを使う場合はあらかじめ殻を剥き、背ワタを取り除いておきます。
②干ししいたけは20ml程度の水に浸けて戻した後、スライスしておきます。
③鶏もも肉は小さめの一口大にカットして酒(分量外)を振りかけておきます。

■作り方:
①卵をよくかき混ぜて溶き卵を作ったら、裏ごしして滑らかにします。
②卵とボーンブロス、干ししいたけの戻し汁を合わせて、泡が立たないように箸でよく混ぜます。
③むし碗に②を注ぎ入れて蒸し器にセットします。
④強火で3分蒸したら弱火に落とし、10分間蒸します。
⑤一度むし碗のフタを開け、カットしておいた干ししいたけとエビ、水気を拭いた鶏もも肉、なるとを手早く入れてもう一度フタをして蒸し器にセットし直します。
⑥弱火で12分蒸し、その後5分程度蒸らして完成です。

■ポイント:
・卵の重量に対し、3倍のボーンブロスで割ってください(溶き卵の重さをはかり、その3倍の量のボーンブロスを都度計量します)。
・③で卵液に泡が残っていると“す”がたって見栄えの悪い仕上がりになってしまいます。泡がある場合はキッチンタオルを細く丸めた(こより状の)ものなどつつき、表面をきれいにしてから蒸し器にセットしてください。
・蒸し器がない場合は、鍋にむし碗半分程度までの湯を張り、湯の中に直接むし碗を入れて蒸しあげます(この方法を「直(じか)蒸し」といいます)。直蒸しする場合は、強火で二分、弱火で10分程度で完成です。

■コメント:
茶碗蒸しは、卵液と出汁(ボーンブロス)の割合をしっかり計量するのが成功の秘訣です。また、卵液はしっかりと裏ごしし、泡もていねいに処理しましょう。

具材に栗やゆりね、みつばなどお好みのものを使ってアレンジしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です