白子のムニエル ボーンブロスクリームソース

白子のムニエル ボーンブロスクリームソース

当記事では、白子のムニエル ボーンブロスクリームソースのレシピをご紹介します。

■調理時間:20分
■材料費:700円以下
■冷蔵保存可能日数:1日
■冷凍保存可能日数:×

白子のムニエル ボーンブロスクリームソース

■材料(2人分):
・白子 1腹
・小麦粉 適宜
・ニンニク 1/2個
・バター 30g
・オリーブオイル 大さじ1
・(A)小麦粉 大さじ1
・(A)ボーンブロス(魚) 200ml
・(A)牛乳 200ml
・(A)塩 2つまみ
・生クリーム大さじ2
・黒クショウ 適宜

■準備:
①白子は流水でよく洗い、ぬめりと臭みを落としてから1つまみ程度の塩(分量外)を振りかけ、水気を切っておきます。

■作り方:
①フライパンにバターと刻みニンニクを入れ、弱火で加熱します。
②ニンニクの色が変わり始めてきたら、よく洗って水気を切った白子に小麦粉を適宜まぶし、フライパンに並べて中火でムニエルにします。
③白子の片面に焼き色がついたらひっくり返し、オリーブオイルを全体にまぶしフタをして蒸し焼きにします。
④両面がきつね色に焼けたら白子をフライパンから取り出します。
⑤(A)の小麦粉を牛乳で溶いてからボーンブロス、塩を加えます。
⑥フライパンは洗わず、強火にかけて⑤を入れます。⑤をフライパンに入れたあとはよくかき混ぜながら、一気にとろみをつけます。
⑦ソースにとろみがついたら火を止めて生クリームを混ぜ、器に盛りつけます。
⑧盛りつけたソースの上にムニエルした白子を置き、黒コショウをかけてイタリアンパセリを添えれば完成です。

■ポイント:
・白子の表面には、臭みの原因となるぬめりが付着しています。特に鱈の白子はひだにたくさんのぬめりが隠れているので、優しく手もみしながら徹底的にぬめりを落としてください。また、一度ぬめりを落としても、置いておくと再びぬめりが出てくる場合があります。調理前にもう一度洗って水気を切るのがベストです。

■コメント:
白子のまったり感とボーンブロスで魚介の旨みが詰まったコクのあるソースとの相性は抜群。贅沢な食材と華やかな盛りつけで、ゴージャスな気分になれる一皿です。お祝い事など特別な日の一品にぜひお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です