ボーンブロスの煮つけレシピ

ボーンブロスの煮つけ

当記事では、ボーンブロスの煮つけレシピをご紹介します。

■調理時間:30分
■材料費:300円程度
■冷蔵保存可能日数:2日
■冷凍保存可能日数:×

ボーンブロスの煮つけレシピ

■材料(2人分):
・魚 2人分
・しょうがスライス 5枚
・ボーンブロス(魚) 200ml
・酒 100ml
・しょうゆ 大さじ2
・砂糖 大さじ3

■準備:
①魚を丸ごと処理する場合はうろこをしっかりととり、血などをきれいに洗い流して臭みを残さないようにします。切り身を使う場合は少々の塩を身になじませて10分ほど置き、臭みを抜いてから流水で洗い、水気を拭いてから使います。

■作り方:
①鍋にしょうがと酒を入れて火にかけ、アルコール分が飛んだところでしょうゆ、砂糖、ボーンブロスを合わせます。
②砂糖が完全に溶けきったらフツフツとするくらいまで火を落とし、魚の身を鍋に重ならないよう並べます。
③おたまなどで煮汁を魚に回しかけながら、全体に火を通します。
④キッチンタオルやアルミホイルなどを使って落としブタをし、中火で10分ほど煮ます。
⑤落としブタを取り、おたまなどで煮汁を回しかけながら煮詰めていきます。
⑥煮汁が十分に煮詰まってとろみがついてきたら完成です。

■ポイント:
・大き目の切り身などを使う場合は、収縮によって皮が破れて見栄えが悪くなってしまうのを防ぐため、包丁で何か所か切り込みを入れてください。
・味のムラを避けるため、魚は重ねず並べて鍋に配置してください。
・煮崩れを防ぐため、調理中は具材をあまり動かさないようにしてください。
・あまり煮詰め過ぎると、鍋底の方が焦げやすくなります。適宜煮加減を調整してください。
・煮詰めていくうちに塩分の濃度が高まっていくので、最初は薄く感じるくらいの味つけに留めてください。最終的にまだ味が薄いと感じるときは、塩で調整してください。

■コメント:
今回は真鱈の頭を使って煮物を作っていますが、カレイなどはもちろん、鯛のアラでも作ることができます。魚の出汁とボーンブロスのうまみが混然一体となった風味はやみつき必至。手間のかからないレシピなので、ご家庭で簡単に作れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です