ボーンブロスのにんじんナムル

にんじんナムル

当記事では、ボーンブロスのにんじんナムルレシピをご紹介します。

■調理時間:10分
■材料費:100円以下
■冷蔵保存可能日数:5日
■冷凍保存可能日数:×

ボーンブロスのにんじんナムル

■材料(2人分):
・にんじん 1/2(縦割り)
・白ゴマ 大さじ1
・ゴマ油 大さじ1
・塩 小さじ1/4
・ボーンブロス(鶏) 大さじ1

■準備:

■作り方:
①にんじんは皮を剥いてから縦半分に切り、断面からピーラーで薄く削っていきます。
②すべて削り終えたら全体に塩をまぶして軽くもみ込みます。そのまま15分ほど置いておきます。
③水気を切ったらにんじんをボウル等に入れ、ゴマ油とボーンブロスで和えます。
④③が全体に馴染んだら、器に盛りつけて白ゴマを振って完成です。

■ポイント:
・ボーンブロスは冷たい状態(ゼラチン状態)で使っても問題ありません。
・③で水分が多過ぎると感じたときは、ザルなどにあけて水気を軽く切ってください。
・お子様やお年寄りなど、噛む力の弱い方にお出しする場合は、①を終えたあと沸騰したお湯を全体にかけてすぐに冷水で冷やしてください(湯通し)。にんじんが柔らかくなり甘みがいっそう増して食べやすくなります。

■コメント:
意外となかなか手軽に摂取できないにんじんも、ピーラーで薄く削ることで口あたりがよくなり、サラダとして手軽に食べることができます。また、ボーンブロスを味のベースとして使うことで、余計な添加物を加えなくても十分な旨みを持たせることができます。

にんじんの代わりに大根やきゅうりなどを使ってアレンジすることもできますが、水分が多い野菜を使う場合は②の置き時間を気持ち長くし、水切りをしっかり行うようにしてください。

また、このレシピではゴマ油を使ってナムル風に仕上げていますが、エクストラバージンオリーブオイルとペッパーやハーブなどを使って洋風に仕上げることもできます。鰹節をまぶしたり刻み昆布を加えたりすると和風に。ボーンブロスも鶏はもちろん、牛や豚などで自在にアレンジできるので、お好みでいろいろお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です