ボーンブロスとキノコの肉豆腐レシピ

キノコの肉豆腐

当記事では、ボーンブロスとキノコの肉豆腐レシピをご紹介します。

■調理時間:30分
■材料費:500円程度
■冷蔵保存可能日数:3日
■冷凍保存可能日数:×

ボーンブロスとキノコの肉豆腐レシピ

■材料(3~4人分):
・牛こま切れ 200g程度
・玉ねぎ 1個
・ブナシメジ 1株
・木綿豆腐 1丁
・(A)しょうゆ 大さじ4
・(A)みりん 大さじ4
・(A)砂糖 大さじ2
・(A)塩 1つまみ
・(A)ボーンブロス(牛) 150ml

■準備:
①豆腐はあらかじめ重しをして水切りにしておきます。
②牛肉はさっと下茹でしておけばアクと臭みが抜けます。

■作り方:
①鍋(もしくはフライパン)に(A)を入れてひと煮立ちさせます。
②①が沸いたら火を弱め、くし切りにした玉ねぎを入れます。
③玉ねぎが柔らかくなり始めたら、下茹でした牛肉を加えます。
④豆腐としめじを加えて火を弱火にします。鍋にフタをしてそのまま3分ほど蒸し焼きにします。
⑤しめじに火が通ったら鍋のフタを開け、強火で1~2分程度煮詰めます。
⑥タレがちょうどよく濃いめの味に煮詰まったら完成です。

■ポイント:
・使用する鍋は、深みのあるものの方が具材にタレの味がしみ込みやすくなります。フライパンなど底の浅いものを使用する場合は、④⑤の工程で落としブタをしてください。
・④の蒸し焼きが終わったら全体を軽くかき混ぜ、豆腐を天地逆さまにすると、具材にたれがよくしみこみます。
・肉はよく火を通した方がいいですが、加熱し過ぎると固くなってしまいます。加熱し過ぎたいようにするためにも、あらかじめ下茹でしておくことが効果的です。
・④~⑤の段階でまだアクが浮くようでしたら、都度ていねいにすくいとってください。

■コメント:
オーソドックスな肉豆腐を、ボーンブロスでアレンジしたレシピです。牛の旨みを存分に堪能できます。もちろん、具材はお好みでアレンジしてお楽しみください。シメジをエリンギやエノキダケに変えたり、トッピングにネギやミョウガを加えてもOK。また、ブーンブロスを鶏に変え、牛肉も鶏肉に変更すれば鶏肉豆腐の完成です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です