ボーンブロスの関東風極上おでんレシピ

ボーンブロスの関東風極上おでん

当記事では、ボーンブロスの関東風極上おでんレシピをご紹介しています。

■調理時間:1時間以上
■材料費:1000円程度
■冷蔵保存可能日数:3日
■冷凍保存可能日数:×

ボーンブロスの関東風極上おでんレシピ

■材料(4~5人分):
・(A)ボーンブロス(鶏あるいは牛) 1L
・(A)酒 100ml
・(A)砂糖 大さじ1
・(B)しょうゆ 150ml
・(B)ウスターソース 70ml
・卵 4~5個
・昆布 1片
・大根 1/2本
・こんにゃく 1枚
・厚揚げ 2枚
・さつま揚げ 4~5枚
・ウィンナー 4~5本
・ちくわ 2本
・白はんぺん 2枚
・その他牛すじやちくわぶなどお好みの具材

■準備:
①大根は皮を厚めに剥いて1cm程度の厚さにカットし、面取りをして片面に十字の切り込みを入れてから米の研ぎ汁で下茹でします。
②油揚げなど揚げ物は湯通ししてから流水で洗い、水気を切っておきます。
③こんにゃくを食べやすい大きさにカットし、両面に切り込みを入れて出汁がしみこみやすくしておきます。
④ゆで卵を作り、殻を剥いておきます。
⑤その他の具材も、食べやすい大きさにカットしておきます。

■作り方:
①鍋に昆布とかつおの合わせ出汁を500ml程度(分量外)ひき、(A)を混ぜます。
②油を含まないもの(大根やこんにゃく、卵など)を鍋に入れて、20~30分程度煮込みます。
③火を止めて鍋の荒熱が取れたら、揚げ物を入れて再度火をつけて加熱します。
④具材に十分火が通ったら(B)を入れて味を調整して完成です。

■ポイント:
・大根の煮崩れを防ぐため、鍋に具材を入れてからはあまりかき混ぜないようにしてください。
・煮込んで汁気が少なくなってきたら、適宜水を注ぎ足してください。

■コメント:
関西風のあじつけにしたい場合は出汁の量を増やして薄口しょうゆを用い、分量も大さじ2~3程度に留めて塩で味を整えてください。具材もクジラの舌(さえずり)やクジラの皮(コロ)、牛すじやタコなどを入れると、より本格的な関西風おでんになります。

また、おでんのあつあつスープで酒を割って飲むと、うまみの強いぬる燗に。通好みのおでん割り酒。お酒が好きな方はぜひお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です