書籍 アルツハイマー革命ボケた脳がよみがえるを紹介

Dr.白澤のアルツハイマー革命 ボケた脳がよみがえる

今回のボーンブロポス関連書籍ご紹介は、医学博士であり白澤抗加齢医学研究所所長・お茶ノ水健康長寿クリニック院長の白澤卓二氏の書籍「Dr.白澤のアルツハイマー革命 ボケた脳がよみがえる」です。

著者紹介:1958年生まれ。千葉大学医学部卒業後、東京都老人総合研究所老化ゲノムバイオマーカー研究チームリーダーなどを経て、2007年より2015年まで順天堂大学大学院医学研究科・加齢制御医学講座教授。寿命制御遺伝子アルツハイマー病などの研究が専門。

ボーンブロス関連書籍5

2018年8月発行のこちらの書籍は、アルツハイマー予防をテーマに
【認知症な治せる&予防できる!】→認知症をどうやって予防・改善するか?
【いますぐ始める認知症にならない食事】→認知症予防は毎日の食事がカギ!
【白澤式 食べるべき食品・避けたほうがいい食品】→脳の「解毒」「炎症を防ぐ」には?
【「運動」「すいみん」「ごきげん」が脳を若返らせる】→生活習慣で気をつけること
という内容の書籍になっています。

その中の102ページ「ダメージを受けた腸を癒すボーンブロス〜栄養豊富だから腸粘膜が回復」というタイトルで、ボーンブロスについても記述されています。

具体的には、基本的なボーンブロスの作り方や、コラーゲン・アミノ酸・ミネラル・ビタミンが豊富に含まれる栄養たっぷりのスープということ・傷ついた腸の粘膜を修復する作用があるので、貧血や栄養失調の方の滋養強壮食としてもオススメだということ・免疫力が高まるためアトピー性皮膚炎やぜんそくなどアレルギー症状の予防・改善にもオススメだということなどが紹介されています。

全ページでも127ページというボリュームのため、あっという間に読めてしまう本です。

また、イラストなども多用されていて、とても分かりやすい内容になっています。

ぜひご興味のある方は読んでみてはいかがでしょうか。

※書籍の購入は【こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です