ボーンブロスを使った牛のラグーソースパスタ

ボーンブロスを使った牛のラグーソースパスタ

当記事では、ボーンブロスを使った牛のラグーソースパスタレシピをご紹介します。

■調理時間:20分
■材料費:200円程度
■冷蔵保存可能日数:1日
■冷凍保存可能日数:×

ボーンブロスを使った牛のラグーソースパスタ

■材料(1人分):
・パスタ 80~100g
・オリーブオイル 大さじ1
・エクストラバージンオリーブオイル 大さじ2
・ニンニク 1/2個
・玉ねぎ1/4個
・牛肉(切り落としor細切れ) 50g程度
・白ワイン 50ml
・ボーンブロス(牛) 250ml
・ローリエ2枚
・塩 2g
・黒コショウ 2つまみ

■準備:

■作り方:
①牛肉を包丁で細かくカットします。
②フライパンにオリーブオイルをひき、ニンニクを入れて弱火で加熱します。
③にんにくがきつね色になってきたら、カットした牛肉と粗みじん切りにした玉ねぎ、塩を半量(1g)入れ、よく炒めます。
④玉ねぎに火が通ったら、白ワインとボーンブロス、ローリエ、残りの塩を入れてフライパンにフタをし、蒸し焼きにします。
⑤大き目の鍋にたっぷりの湯を沸かし、パスタを茹で始めます。
⑥フライパンのフタを開け、ソースにとろみがつくまで煮詰めます。
⑦パスタが茹であがったらザルにあけて水気を切り、エクストラバージンオイルとよく和えます。
⑧パスタをフライパンに移して軽く和えたら、器に盛りつけて完成です。

■ポイント:
・④の工程でフライパンに白ワインを入れたあと、ワインのアルコール分をしっかりと飛ばすため一度沸騰させてください。その後弱火でフツフツと煮込みます。
・煮詰まり過ぎて汁気がなくなってしまったときは、適宜ボーンブロスを注ぎ足してください。
・⑦の工程は、パスタが冷めてしまわないよう手早く行ってください。

■コメント:
ラグーソースとは“煮込んだソース”のことです。もちろん牛肉以外でもアレンジできますし、白ワインの代わりに赤ワインを使って鮮やかなソースに仕上げることもできます。基本的には牛肉を使うときは牛のボーンブロス、鶏肉を使う場合は鶏のボーンブロスというふうに使い分けることで、まとまりのある仕上がりになります。もちろんアサリやムール貝、イカやタコなどの魚介類でもアレンジすることもできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です