ボーンブロスの牛骨リゾット

ボーンブロスで作るシンプル牛骨リゾット

当記事では、ボーンブロスの牛骨リゾットレシピをご紹介します。

■調理時間:50分
■材料費:500円程度
■冷蔵保存可能日数:3日
■冷凍保存可能日数:1ヶ月

ボーンブロスの牛骨リゾット

■材料(3~4人分):
・米 2合
・牛脂(またはオリーブオイル) 大さじ1
・牛肉切り落とし 100~200g
・玉ねぎ 1/2個
・ニンニク 1片
・(A)ボーンブロス(牛) 400ml
・(A)水300ml
・(A)白ワイン 100ml
・(A)牛乳50ml
・バター 5g
・塩 小さじ1
・黒コショウ 小さじ1/2
・パルメザンチーズ お好みで
・刻みパセリ 適宜

■準備:

■作り方:
①牛肉に塩・コショウ(分量外)を振って軽く下味をつけてから、牛脂をひいたフライパンで炒めます。全体に火が通ったら皿などにあげておきます。
②フライパンは洗わずにそのままバターをひき、みじん切りにしたニンニクと玉ねぎを炒めます。
③ニンニクの色が変わってきたら、お米をフライパンに入れて中火で炒めます。
④お米全体が透明になったら、(A)を混ぜたもの100~200mlを全体に回しかけます。
⑤(A)を何度かにわけながら、20~30分の時間をかけてゆっくりとお米を炊いていきます。
⑥たまに具材を混ぜながら塩とコショウで味を調整し、米の中心まで柔らかくなったら(やや芯が残っているアルデンテの状態)火を止めます。
⑦器に盛りつけて①の牛肉を乗せ、お好みで刻みパセリとパルメザンチーズをふりかけたら完成です。

■ポイント:
・お米は洗ったり研いだりせず生のまま使用してください。③でお米を油でコーティングすることで、サラッとした仕上がりになります。
・④~⑤は、フライパンに入れた(A)が蒸発しそうになったら都度注ぎ足すといった具合に、ゆっくり行ってください。(A)を一気に入れてしまうと炊き具合にムラが出てしまいます。
・⑥では炊きムラを防ぐために具材を混ぜますが、あまり混ぜすぎないよう注意してください。混ぜすぎてしまうとお米のでんぷん質によりベチャッとした仕上がりになってしまいます。

■コメント:
シンプルなレシピですが、ボーンブロスを使うことで味に深みが増し、多くの材料を使わなくてもおいしい仕上がりになります。もちろん、鶏や豚のボーンブロスでアレンジすることもできます。

また、牛乳の1/3~1/2を生クリームに変えるとコクのある仕上がりになり、パルメザンチーズをパルミジャーノ・レッジャーノに変えるとより本格的で味わい深い仕上がりになります。鶏肉でアレンジする場合は、ボーンブロス(鶏)を使用すると味にまとまりが出ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です