FARO COFFEE&CATERING

ボーンブロス取り扱い店舗【FARO COFFEE&CATERING】

当記事では、以前【こちら】の記事でご紹介させて頂いた、本郷三丁目にありますボーンブロス販売店「FARO COFFEE&CATERING」の大谷店長に、ボーンブロスを取り扱うようになったキッカケなどをインタビューさせて頂きました。

FAROさん店内画像
天井高の高い店内は、コンクリート打ちっ放しと木の暖かさが融合したオシャレな空間

Q、早速ですが、ボーンブロスを取り扱うようになったきっかけを教えて下さい

大谷店長:クックピット株式会社の本間社長に「ニューヨークで流行っているこんな良い素材があるよ」と教えて頂いたのがきっかけです。効能なども教えて頂き、自分自身も少し調べてみたところ、ニューヨーカーはコーヒーの代わりにボーンブロススープを飲まれていることを知り、FAROはコーヒー屋ですので、そこに置き換わるスタイルがあっても面白いなと思いました。もちろん、ウチは食事もたくさん提供していますので、一番マッチするのかとも。

また、FAROにご来店頂く方々の多くが、30代〜40代の女性が多く、体に気を使うといったことに敏感な方々なので、ボーンブロスに興味を持って頂ける方も多いのかなと思ったことも導入した理由の一つです。

ちょうどランチで、お弁当を始めようと思ったタイミングにも重なりました。実際販売を開始すると「ボーンブロスだけ単品で頼めますか?」と聞かれることもあるほど、皆様にとても喜んで頂き、良い反応を頂きました。

FARO
定期的にボーンブロスのイベントも行っているそうです

Q、そういった方々がボーンブロスを頼まれる要因はどういったことなのでしょうか?

大谷店長:一番は美肌だと思います。ボーンブロスはコラーゲンが豊富なので、そういったアンチエイジングとして飲まれる理由が大きいと感じます。FAROのランチは野菜も多くヘルシーなのですが、それに合わせて頼まれるので、ダイエット目的などではないと感じています。バランス良い食事を意識する方々のランチのプラスアルファとして、ボーンブロスを飲んで頂いているのかと。また、お客様からは「家では出せない味」と言って頂くことも多いです。

ボーンブロスFARO
こちらも昨年実施したボーンブロスのイベント

Q、ボーンブロスのオススメレシピなどはありますか?

大谷店長:色々なメニューを作りましたが、今パッと浮かんだのはボーンブロスの豆乳割りですかね。ポタージュみたいな感じになります。それにブロッコリーも合わせたのですが美味しかったです。

FAROでは、定期的にメニューは変えています。今は日替わりランチ(気まぐれランチ:880円※2019年1月現在)の中でボーンブロスを提供しています。10食限定のため、だいたい13時には売り切れてしまいますので、もしご来店頂く際はお早めの時間にお越し頂ければと思います。

FARO店内

最後に

お忙しい中、大谷店長は丁寧に質問に答えて下さいました。
そんな気さくで優しいスタッフの方々や、本郷三丁目から徒歩1分という抜群のアクセスはもちろん、扉を開けると天井高の高い開放感抜群なオシャレな店内が迎えてくれます。
そんな店内で飲むボーンブロスは、家で飲むボーンブロスとはまた違った味わいを感じさせてくれます。
ぜひFAROさんに足を運んでみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です