ボーンブロス・チャウダー

ボーンブロス・チャウダーを作ろう

当記事では、ボーンブロス・チャウダーレシピをご紹介します。

■調理時間:30分
■材料費:200円程度
■冷蔵保存可能日数:3日
■冷凍保存可能日数:1ヶ月

ボーンブロス・チャウダー

■材料(3~4人分):
・スライスベーコン 2枚
・玉ねぎ 1/2個
・にんじん 1/3本
・小麦粉 大さじ2
・バター 20g
・にんにく 1/3個
・(A)牛乳 200ml
・(A)ボーンブロス(鶏) 400ml
・食パン 1枚
・塩・コショウ 少々
・刻みパセリ 少々

■準備:

■作り方:
①食パンを使ってクルトンを使います(クルトンがある場合は、③から進めてください)。
食パンをちょうどいいサイズにカットし、180℃のオーブンで15分程度焼きます。
②パン全体に焼き色がついたらオーブンから取り出し、荒熱がとれるまでラップをせずに置いておけばクルトンのできあがりです。
③ニンニクをみじん切りにします。玉ねぎは食べやすい大きさのくし切りにし、にんじんもちょうどいいサイズに短冊切りにカットします。スライスベーコンは1cm角に切っておきます。
④鍋にバターを溶かし、①の具材を炒めます。野菜に火が通りしんなりしてきたら小麦粉を加え、粉っぽさがなくなるまでよくかき混ぜながら炒めます。
⑤小麦粉がペースト状になって野菜となじんだら、(A)を合わせたものを少しずつ加えてバターを伸ばしていきます。
⑥(A)をすべて入れてバターとなじんだら、にんじんが柔らかくなるまで煮込みます。
⑦塩・コショウで味を整え、刻みパセリとクルトンを飾って盛りつけたら完成です。

■ポイント:
・クルトンは非常に焦げやすいので、まめに焼き加減を確認しながら焼き時間を調整してください。
・④では、小麦粉と具材をよく絡ませるようにかき混ぜてください。次第にバターと絡み、粉っぽさがなくなっていきます。小麦粉は分けて入れる必要はありません。
・⑤では(A)を4~5回に分けて少しずつ入れてください。特に1回目は50~100mlの少量だけを入れてバターを伸ばすのが、うまく仕上げる秘訣です。

■コメント:
ボーンブロスの旨みが凝縮した濃厚チャウダーのレシピです。アサリやムール貝などを使えばクラムチャウダーに。その際は使うボーンブロスも魚系のものに変更してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です