ボーンブロスとは

ボーンブロスとは

ボーンブロスとは、骨(ボーン)・だし汁(ブロス)のことで、長時間煮込むことで骨から栄養がとけ出した「健康に良いヘルシースープ=飲む万能薬」として、昨今アメリカのニューヨークやロサンゼルスなどで話題を呼んでいるスープです。

ボーンブロス専門店も登場し、モーニングコーヒーの代わりに、ボーンブロスを飲む=モーニングブロスをする人など、健康意識の高い人を中心に広がりを見せています。

野菜やスパイスなども必要に応じていれるのが通常で、骨を長時間煮込んだ非常に手間ひまをかけて作られた栄養たっぷりのスープです。

ボーンブロスの栄養面

ボーンブロスに含まれる具体的な栄養面ですが、カルシウム、マグネシウム、リンなどのミネラルがとても豊富で、スポーツドリンクよりも多くの電解質を含まれているだけでなく、グルタミンというアミノ酸や良質のプロテインが豊富に含まれています。また、カリウムがたくさん含まれているため、デトックス効果も期待でき、脂質は含まれていないため低カロリーです。

また、弊社代表の書籍【ラーメンスープで世界を救う】の中では

美容効果(美肌・美髪・アンチエイジングなど)
健康の維持・回復効果(炎症抑制効果・免疫システムの改善・細胞の改善・細胞の修復・関節炎の予防など)
ダイエット効果(ファスティングや低糖質ダイエットでのケトン体回路の活性化など)

と紹介させて頂いています(P175)。

ボーンブロスの効果

上述してきましたが、さらに詳しくボーンブロスの効果を以下にご紹介します。

アンチエイジング効果→コラーゲンやヒアルロン酸などの栄養素が美しい肌や髪を作ります。
デドックス効果→細胞を活性化して若返らせ、たまった老廃物を排出してくれます。
腸を癒す→アミノ酸やゼラチンが消化の問題を改善し腸を癒します。また、腸内の修復効果があるといわれるグリシンやプロリンも含まれています。腸がより良い環境かつ身体に良い栄養補給を行えることが、持久力・免疫力の向上につながります。
抗炎症作用→抗炎症作用の高いアミノ酸が豊富に含まれています。
脂肪の燃焼を助ける→ヒト成長ホルモンの分泌量が増え、脂肪を燃やし無駄のない筋肉を作ります。ファスティング(断食)に使用するとさらに効果的です。

何より、ボーンブロスはスープのため、消化・吸収力が落ちていても、栄養を手軽に取り込むことができます。

そんな身体にとっても良い「ボーンブロス」を、1人でも多くの人に知って頂くため、実際の【効能】や、【自宅で簡単に作れる方法】などを当サイト内で情報発信をしています。