ボーンブロスのベッコフレシピ

ボーンブロスのベッコフ

当記事では、ボーンブロスのベッコフレシピをご紹介します。

■調理時間:30分
■材料費:1000円以下
■冷蔵保存可能日数:3日
■冷凍保存可能日数:×

ボーンブロスのベッコフレシピ

■材料(2~3人分):
・牛肉 300g
・オリーブオイル 大さじ1
・ニンニク 1個
・じゃがいも 3~4個
・たまねぎ 1と1/2個
・にんじん 1/2本
・ボーンブロス(牛) 200ml
・白ワイン 100ml
・ローリエ 1枚
・塩 小さじ1/2
・コショウ 少々

■準備:
・じゃがいも、にんじんは皮を剥いて一口大の乱切りにします。

■作り方:
①鍋につぶしたニンニクとオリーブオイルを入れ、弱火にかけます。
②一口大にカットした牛肉を入れて軽く炒めます。
③白ワインとボーンブロスを鍋に注いで沸かします。
④沸騰したら中火に落とし、すべての具材を入れます。
⑤アクをすくいながら煮込みます。
⑥じゃがいもとにんじんに串が通るくらいになり、汁気が減ってきたら鍋にフタをして弱火で蒸し焼きにしながら煮詰めます。
⑦最後に塩とコショウで味を調整して完成です。

■ポイント:
・野菜をあらかじめ下茹でしておくと、見た目も味もすっきりとした仕上がりになります。
・オリーブオイルの代わりにバターを使うと、コクのある風味になります。
・にんじんやじゃがいもなど、煮崩れを防ぐために鍋の中をあまりかき混ぜないようにしてください。
・仕上がりにタイムなどハーブをふりかけるなど、お好みでアレンジしてください。

■コメント:
ベッコフ(ベックオフ)はフランス・アルザス地方の郷土料理で、フランス版の肉じゃがといわれることがあります。調理法は肉じゃがととてもよく似ていますが、使用する調味料が異なります。シンプルな料理ですのでアレンジもしやすく、具材を変えるだけでも違った味を楽しめます。もちろん牛肉でなく豚肉でも作れますし、牛すじ肉やスネ肉やこれらを合わせた具材などで作ることもできます。

また、本場では耐熱鍋に具材を入れて、オーブンで焼き上げます。その場合は具材を入れた耐熱鍋にフタをし、180℃のオーブンで2時間ほどじっくりと煮込みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です