あさりのボーンブロス味噌汁レシピ

二日酔いにも効く!あさりのボーンブロス味噌汁

当記事では、あさりのボーンブロス味噌汁レシピをご紹介します。

■調理時間:15分
■材料費:300円以下
■冷蔵保存可能日数:1日
■冷凍保存可能日数:2週間

あさりのボーンブロス味噌汁レシピ

■材料(2人分):
・あさり(冷凍でも可) 200g
・ボーンブロス(魚) 500~600ml
・味噌 大さじ2
・酒 大さじ2
・昆布 1片

■準備:
①活あさりを使う場合は十分に砂抜きをします。砂抜きをする際はあさりをバットに移し、巻きすなどを上にかぶせて光が当たらないようにしてください。また、大さじ1の酒を加えると、効率よく砂を吐き出してくれます。
②砂抜きが終わったらバットからあさりをあげ、貝同士をこすり合わせながらあさりをよく洗います。
③水気を拭いて使います。
④昆布は濡れふきんなどで表面の汚れをよく拭き取っておきます。

■作り方
①鍋の掃除した昆布を入れてボーンブロスを張り、そのまま30分以上置いておきます(一晩水出しすると、すっきりとした出汁がとれます)。
②あさりを鍋に加えて加熱します。沸騰させないよう気をつけながら、フツフツと火を入れます。
③アクが浮いてきたら都度すくい取ります。
④昆布を取り出してから鍋にフタをして、10分程度加熱します。
⑤あさりの口がすべて開いたら火を止めて、味噌を溶き入れます。
⑥味噌汁を器に注いで完成です。

■ポイント:
・鍋を沸かしてしまうと、あさりやボーンブロス、味噌などの風味が飛んでしまいます。沸騰させないようコンロの火をコントロールしてください。
・味噌は種類によって塩分濃度や風味が異なります。ご使用の味噌に合わせて量を適宜調整してください。
・冷凍あさりを使う場合、砂抜きの必要はありません。

■コメント:
味のベースにボーンボロスを使うことで、あさりだけでは出せない魚介のコクと深みを与えることができます。もちろんあさり以外の具材でアレンジもできますが、魚系のボーンブロスを使う場合ははまぐりや鯛など、魚介系の具を使うことで旨みの相乗効果に期待できます。また、新玉ねぎや大根などの野菜にもよく合います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です